記事一覧

子供のためのスクール

教材

年齢に応じた勉強

英語は早くから勉強を始めた方がネイティブのような発音やリスニング能力が身につきやすくなります。子供を小学生から英語スクールに入れる場合は、細かくコースが分かれている場所を選ぶと良いでしょう。例えば小学校に就学したばかりの一年生と中学受験を視野に入れる六年生では、学びたい英語の種類や方向性が異なります。一年生向けに英語を教える場合、歌やダンスを取り入れて楽しくレッスンしてくれるスクールもあります。こうした場所であれば、英語を勉強しはじめたばかりの小学生に苦手意識を芽生えさせずに済みます。また大手英語スクールの中には独自の英語教材を開発している場所も少なくありません。子供に楽しく学習してもらうためには、魅力的なキャラクター教材を取り入れているスクールを選ぶと良いでしょう。受験を控えている小学生がスクールで英語を勉強する場合、生徒の人数を考えてみましょう。進学校を視野に入れている方であればマンツーマン指導の方が個人に応じた勉強ができます。特にマンツーマンは躓いているポイントを重点的に教えてもらえますので、子供の弱点を克服しやすいスタイルです。受験目的で小学生に英語を習わせたい場合は、各スクールの進学校も調べるようにしましょう。小学生向けスクールの中には学校のための勉強だけでなく、コミュニケーションを重視した学習を取り入れている場所もあります。こうしたスクールに入学すれば英語でディスカッションする力も身につきますので、子供の未来を広げてくれます。